やむを得ず、しかしたべるだけです

かかっている病気に処方された薬で、体重が増えてしまう副作用がありました。これは非常に困ります。
とにかく食欲の増加が酷く、たべることを我慢できなかったのです。あまり食べ過ぎると、最終的には糖尿が待っています。

私は以前にペットボトル症候群で糖尿にかかったことがあり、膵臓の細胞が人よりもだいぶ弱くなっていたのです。
インスリン、それと病気がもっと進んでからの人工透析。それは絶対に避けたかったのでした。しかしとりあえずたべないと食欲は収まりませんでした。
そこで考えついたことは、まず食事の前、食事の後に何か太らないものを食べること。私は出来るだけ太らなさそうなものを必死になって探しました。

最初は煮干しにこったのですが、あれだって魚まるごと一匹です。多分いろんな栄養素が含まれていて、取り過ぎはあまり体に良くありません。
最終的にたどり着いたのは切り干し大根です。切り干し大根をパッケージから取り出して食べることにして難を逃れました。
切り干し大根はそう高価でもなく、胃の中で戻ると膨らむのでおすすめです。